電気自動車の免税、補助金(エコカー減税)

電気自動車は自動車取得税と重量税、自動車税においてエコカー減税が適用されています。

 

自動車取得税は2015年3月まで、重量税は2015年4月までに登録するという期限付きで免税措置が取られており、購入時のこの税金を払う必要はありません。

 

自動車税も同じように2016年3月までに登録すれば75%減税となります。

 

i-MiEVやミニキャブミーブ、ミニキャブミーブトラックなど軽自動車として作られている場合は自動車税ではなく軽自動車税となるわけですが、軽自動車税は自動車税のような減税あるいは免税はありませんので、通常のガソリンエンジンモデルと同様の税額を支払わなければなりません。

 

EVにはさらに得するものがあります。

 

それが補助金というものです。

 

要するに排気ガスも出さず静かに走り、ガソリンを一滴もつかわないEVは環境問題に悩む現在の地球にとっては良い車ということで普及を推進するために国や自治体がお金を出してくれるというものです。

 

有名なところでは経済産業省の管理下にある次世代自動車振興センターでは、クリーンエネルギー自動車等導入費補助金制度というものを行っており、たとえば日産のリーフですと53万円の補助金を受けられます。

 

ほかの税制優遇制度などとあわせると約65万程度安くリーフを買うことができます。

 

それ以外にも市区町村で行っている補助金制度に購入代金や充電設備の設置などに補助金を出してくれるので、EVを購入する前に1度現在住んでいる都道府県、市区町村のホームページなどを見て、そういった補助金制度があるのか調べた方がいいでしょう。

 

だいたいこういった補助金制度は「知る人ぞ知る」的なものが多いので、とことん調べた方がいいと思います。