電気自動車とハイブリッド車の違い

環境破壊が騒がれている今、自動車界で注目を集めているのがエコカーといわれるものですが、エコカーといってもピンからキリまであります。

 

エコカーの定義は低燃費、低排出ガス、低騒音という3つの条件をそれなりの満たしているもので、軽自動車から大型乗用車までいろいろなパターンのエコカーがあります。

 

その中でも究極のエコカーといわれるのが電気自動車EVですが、インフラ設備や車両価格が高いことによっていまいち普及に至らないでいます。

 

その代わり、ハイブリッドカーHVがかなり普及しており、エコカーといえばHVを指すほどまでになりました。

 

HVもEVと同様に電気モーターを搭載し、そのモーターで走行することができるのですが、なぜEVが普及せずHVばかりがもてはやされるようになったのでしょうか。

 

EVは遊園地のゴーカートのようにバッテリーに蓄えられた電気によって走ります。

 

HVも同様にバッテリーに蓄えられた電気によって走ることができるのですが、EVの問題はその電気をどうやって充電するかということなのです。

 

EVは基本的には自ら充電する機能は持っておらず、スマートフォンのバッテリー同様にバッテリーの電池がなくなれば機能しなくなります。

 

そのため再び機能させるためには外部から充電を行わなければならないのです。

 

しかしHVは違います。

 

たとえばトヨタのプリウスでいうと通常はバッテリーの電力を消費して電気モーターでの走行を行っているのですが、そのバッテリーの電気が少なくなってくるとエンジンがかかり充電をし始めるのです。

 

HVの場合は充電のためだけにエンジンを使うのではなく、走行するためにも使うのですがモーター走行として考えると発電機の機能を持っているのです。

 

EVとHVの大きな違いはこの発電能力を自ら持っているかいないかであって、それによって走行できる距離や充電スポットだけに頼る必要がないということなのです。

 

更にEVに近いPHEVというHVもあるのですが、どちらにしても現状では電気+ガソリンというのが一番現実的ということになりそうです。