電気自動車の燃費(電費)

電気自動車の最大のメリットは直接的な燃料費が全くかからないことです。

 

エンジンを抱える自動車風にいえば、∞km/Lということになります。

 

そもそも車に燃料を補給しないEVで燃費というのもおかしい話ですが、EVには燃費と同様に扱われる「電費」というものがあります。

 

燃費が「燃料消費率」だったらEVは「電力量消費率」で電費となります。

 

燃費と電費はこの車の仕事量を図る数値としては共通点がありますが、基準となるものが違います。

 

燃費は「km/L」という単位があらわすように、ガソリンや軽油1リッターでどれだけの距離を走ることができるかというもので、数値が高ければ高いほど燃料の消費が少ないということになります。

 

対して電費の単位は「Wh/km」、今度は基準となるのが燃料の量ではなく走行距離となっており、1km走るのにどれだけの電気を使うかという形になっているのです。
使用する電気量はWhであらわされます。

 

この単位は1ワットの電力を1時間消費したときの電力量ということでちょっとわかりづらいのですが、単純に考えればバッテリー容量をこのWhで割れば、1回の満充電でどこまで走れるかということがわかるということになります。

 

実際にはもっと複雑な計算が必要なのですが、電気に詳しくない一般の人から見ればそういった理解でいいと思います。

 

この値は燃費と違って低ければ低いほどいいとされます。

 

電費の場合も走行距離を一定の電気量で割ってくれれば比較しやすいのですが、電気という目に見えないものを対象としているため難しいようです。

 

現在量産されているEVの中でこの値が一番すぐれているのが、三菱i-MiEVの110Wh/km。

 

電費もやはり重量面で利点のある軽自動車の方がいいようです。

 

しかし、i-MiEVはバッテリーが小さく容量も少ないことから総走行距離は180㎞、対して電費は悪いのですがバッテリー容量が大きいリーフは228km走れることになります。

 

このように電気自動車の場合は電費だけではなく、電費と一充電走行距離という二つの数値を理解したうえで車選びをした方がいいということになります。