電気自動車のメリットとデメリット

電気自動車の良いところといえば、ガソリン代や軽油代がかからないことでしょう。

 

ここで間違ってはいけないのは燃料費が全くかからないのではなく、あくまでもガソリンや軽油にためにお金を払わないで済むということです。

 

現在市販されているEVはすべて外部電源からの充電によって電気を蓄える仕組みになっているため走るためには家庭用電源や専用充電スポットなどから充電をしなければならないのです。

 

外部電源を使うということは、電気代かかかるということで間接的には火力発電、水力発電、風力発電、そして原子力発電に頼っていることになるのです。

 

現在発電の主力となっている火力発電はご存知の通り石油を燃やして発電を行っているので、EVといっても石油を燃焼することによって走っていることになるのです。

 

ただ、普通のガソリンエンジン車のような燃料の消費量ではないので、あまり意識することがないと思いますが、火力発電がおこなわれている以上、石油に頼って走っていることになるのです。

 

ですから、このメリットを正確にいえば燃料費がごくわずかで済むということになるでしょう。

 

もう一つのメリットは、排気ガスや騒音を出さないということですが、これははっきり言ってこれをメリットと考える方はほとんどいないでしょう。

 

表向き環境破壊をしないということを言っているだけで、EVを買う人の目的はハイブリッドカーユーザーと同じように燃料費を減らすだけのことなのです。

 

逆にデメリットなるのが、現状では航続距離が短いこと、i-MiEVで最大180km、リーフで228km、e-NV200で190kmとエンジンモデルと比べるとはるかに短いのです。

 

一回の充電での航続距離が短くても充電をまめにすればこのデメリットを克服できるのですが、残念なことにガソリンスタンド並に充電スポットがあるわけではないのです。

 

これが実はEVの普及を滞らせる最大の原因となっており、今後の課題となっています。

 

更には水素電気搭載車の登場によって今度は水素を補給するところも作らなければならないので、日本のインフラ整備はかなり難題を抱えていることになります。

 

後は車両価格です。

 

車体よりもリチウムイオンバッテリーと開発費にかなりのコストがかかっているので、車両価格はかなり高くなっていますが、これはEVの普及によって少しずつ解消されていくものと思われます。