電気自動車の保険

電気自動車といえども立派な車です。

 

故障もすれば事故も起こすということで法律で加入が義務付けられている自賠責保険に加え、任意保険といわれる自動車保険に加入することをお勧めします。

 

損害保険会社が販売している自動車保険は一般的にEVだからといって特別は扱いはされません。

 

その車の危険度、過去の事故件数、車両価格などによって基本的な保険料が決められることになります。

 

ただ、損害保険会社によっては、客寄せのためにEV割引とかエコカー割引という割引制度を持っているところもあり、そういった自動車保険を選べば保険料をかなり安くることができます。

 

それ等は企業ごとに割引サービスの一環として行っているため、エコカー減税のように共通していくら安くなるというものではなく、企業ごとに決めた金額が割引されることになります。

 

たとえば、ある自動車保険では、電気自動車割引としてEVであれば一律1000円割り引かれることになっていたり、ほかの自動車保険ではエコカーも含めて一律3%の割引きとするところがあったりします。

 

自動車保険というものはドライバーやその車がどれだけ事故にあう確率が高いかということから保険料を割り出しているので、基本的には電気自動車だから事故が多いとか、逆に少ないということはありません。

 

しかし、自動車保険の世界は非常に競争が激しく、また加入する側もインターネットなどを使って一円でも安いところを探すのでサービスを充実していかなければこの世界では生き残っていけないのです。

 

そこで特に危険性に影響を及ぼさないEVでも安くするからわが社の自動車保険に入ってくださいということでEV割引などの割引サービスを行っているのです。