電気自動車の維持費

電気自動車も一応自動車です。保有したり運用するためには最低限かかる維持費というものがあります。

 

自動車の維持費といえば、車検や点検などメンテナンスにかかるお金と、重量税、自動車税、自賠責保険料など必ず支払わなければならないものとなりますが、これらはEVだろうがガソリンエンジン車であろうが基準は同じですし、逆にいろいろな補助があるので逆に楽になりかもしれません。

 

それよりもEVの維持において大きくのしかかってくるのが充電設備の設置です。

 

現在販売されているEVのほとんどが家庭用電源である交流100Vか200Vを使って充電することなっているのですが、それだったら何も専用の充電設備などは必要ないのではないかといわれそうです。

 

しかし、EVに充電するには、非常に大量の電気を流す必要があり、延長コードを使ってスマートフォンの充電をするのとは全く違う世界なのです。

 

たとえば、日産にリーフ、充電時に200Vを使うことを推奨していますが、その時に15Aほどの電流が必要となります。

 

これを100Vに換算すると30Aになるのですが、30Aといえば家庭用電源としてはかなり電気を使う値です。

 

エアコンの付けた時が約15A、アイロンやヘアドライヤーが約12A、電子レンジが約15Aと家電製品で電気を食うといわれるものですら20Aに行くかそれ以下といったところで30Aも使うEVの充電は家庭用電源としては電流が高いものとなるのです。

 

これだけ高い電流が流れる部分はそれなりに負担がかかり、場合によっては熱を持ったりちょっとした接触不良で発火する恐れがあるのです。

 

それを未然の防ぐために充電専用の回路を用意する必要があり、もしもの時に専用ブレーカーなども用意しなければならないのです。

 

これらの工事はすべて電気屋さんにお願いすることになるのですが、車に合わせた専用機材を用いなければならないので、メーカーで進められた電気工事業者によって行われることになります。

 

費用は自宅環境によって大きく差が出ますが、単純に充電用の回路を設置するだけであれば約10万円程度で済むそうです。

 

それからその充電にかかる費用の維持費として考えられますが、家庭用電源を使った満充電では約300円となっているのでガソリンよりはかなり安くなるのでそれほど気にする必要はないと思います。