電気自動車の充電(充電スポット、充電時間、充電料金)

電気自動車はハイブリッドカーのように自分で発電することができません。

 

そのため外部からガソリンを補給するのと同じような形で充電を行わなければ走ることができません。

 

EVにおいて充電は自宅の電源を使って行うことを基本として考えられています。

 

そのため自宅のガレージには充電専用の配線や専用機材などが必要になります。

 

しかし、現在の技術では満充電での航続距離の関係で、自宅で充電して、一日その車に乗って、夜に家へ帰ってくるということができないのです。

 

そのため自宅以外のところで充電する必要があるわけですが、いきなり他人の家のコンセントに充電ケーブルをつないで充電するわけにはいきません。

 

そこで必要になるのが充電スポットといわれる公共の充電施設です。

 

充電スポットはEVが販売されるようになってからどんどん増えては来ていますが、残念ながらガソリンスタンド並にあちこちにあるというものではなく、EVを運転するものにとっては非常に不安を抱く状態となっています。

 

しかし、現在ではEVを量産している日産や三菱、法人向けにEVを販売しているホンダのディーラーやネクスコの管理下にあるサービスエリアやパーキングエリア、公官庁などに充電スポットが設置されるようになり、当初よりはかなり安心してEVを載ることができるようになりました。

 

最近では客寄せや企業のイメージアップなどの理由によって一般企業が経営するレジャー施設やコインパーキングなどにも設置されるようにもなりましたが、まだまだ満足のいく数には至っていません。

 

家で充電する場合でも電気代という費用が発生するのですが、当初、充電スポットは無料で充電することができました。

 

これは法律によって電気を転売することを禁止されているからで、充電スポットの持ち主と充電する方が違う場合は一切料金を請求することができないのです。

 

その代わり、その施設の利用料とか駐車場代金に上乗せする形で充電にかかる費用を工面しる形をとっています。

 

しかし、現在では会員制度として基本料金と充電一回いくらという形の施設利用料として料金を請求されるような方向性となり充電自体にお金がかかるようになりました。

 

ただ、ガソリンのように1リッター何円という形ではなく、あくまでも決められた時間で充電スポット施設を使った利用代金という形となっているので、料金をケチるために途中で充電をやめるということはできません。

 

それでもガソリンエンジン車のガソリンに比べればはるかに安い金額となり、EVのメリットを十分堪能できると思います。