電気自動車の維持記事一覧

 

電気自動車の良いところといえば、ガソリン代や軽油代がかからないことでしょう。ここで間違ってはいけないのは燃料費が全くかからないのではなく、あくまでもガソリンや軽油にためにお金を払わないで済むということです。現在市販されているEVはすべて外部電源からの充電によって電気を蓄える仕組みになっているため走るためには家庭用電源や専用充電スポットなどから充電をしなければならないのです。外部電源を使うということ...

 
 

電気自動車も一応自動車です。保有したり運用するためには最低限かかる維持費というものがあります。自動車の維持費といえば、車検や点検などメンテナンスにかかるお金と、重量税、自動車税、自賠責保険料など必ず支払わなければならないものとなりますが、これらはEVだろうがガソリンエンジン車であろうが基準は同じですし、逆にいろいろな補助があるので逆に楽になりかもしれません。それよりもEVの維持において大きくのしか...

 
 

電気自動車はハイブリッドカーのように自分で発電することができません。そのため外部からガソリンを補給するのと同じような形で充電を行わなければ走ることができません。EVにおいて充電は自宅の電源を使って行うことを基本として考えられています。そのため自宅のガレージには充電専用の配線や専用機材などが必要になります。しかし、現在の技術では満充電での航続距離の関係で、自宅で充電して、一日その車に乗って、夜に家へ...

 
 

電気自動車といえども立派な車です。故障もすれば事故も起こすということで法律で加入が義務付けられている自賠責保険に加え、任意保険といわれる自動車保険に加入することをお勧めします。損害保険会社が販売している自動車保険は一般的にEVだからといって特別は扱いはされません。その車の危険度、過去の事故件数、車両価格などによって基本的な保険料が決められることになります。ただ、損害保険会社によっては、客寄せのため...

 
 

電気自動車の最大のメリットは直接的な燃料費が全くかからないことです。エンジンを抱える自動車風にいえば、∞km/Lということになります。そもそも車に燃料を補給しないEVで燃費というのもおかしい話ですが、EVには燃費と同様に扱われる「電費」というものがあります。燃費が「燃料消費率」だったらEVは「電力量消費率」で電費となります。燃費と電費はこの車の仕事量を図る数値としては共通点がありますが、基準となる...

 
 

電気自動車はいたって構造は簡単です。電気モーターとバッテリーがあればとりあえず走ることができ、改造などをするのも簡単そうに見えますが、今のところEVの走行性能を向上させたり、走行距離を延ばしたりするような手段はありません。それにはEVの歴史がかなり浅いということが原因となっています。現在主流のレシプロエンジン車はかなり昔から同じような形で作られてきており、更にその車を使ってモータースポーツなど車の...